高耐震・2×6工法

HOME > 高耐震・2×6工法

ウェルダンノーブルは地震に強い2×6工法の家

常に地震の危険にさらされている日本の住宅にとって「耐震性能」は安心な暮らしへのパスポートです。ジューテックホームでは、お客様の安全な暮らしを守るため、堅牢な2×6工法を採用しています。

大きな地震の揺れも抑えて家具・家財の被害も最小限に

一般的な木造軸組建築では2階の揺れが1階の2倍に増幅されますが、2×6では約1.2倍に減少します。
ツーバイ工法の建物は耐震性が高いだけでなく、室内の揺れも抑えてくれるので、家具の転倒や家財の破損など、他の工法に較べて室内の被害も軽微です。

第三者機関に認められた耐震性で地震保険も割安に

各保険会社の地震保険から試算された住宅の危険度比率によると、ツーバイ住宅は、非木造(鉄筋コンクリート・鉄骨造)の1/4、一般木造在来工法の1/8と、きわめて地震に強いことが第三者機関によって認められ、保険料も割安です。

住宅性能評価基準の耐震性能をハイレベルでクリア

ジューテックホームでは、北欧・北米の厳しい建築基準を高いレベルでクリアした堅牢な2×6工法を標準採用。床・壁・屋根の6面を1単位とする〈モノコック構造〉は強度に優れ、そのコンセプトはスペースシャトルや新幹線にも応用されています。

大型耐震ベースとして2×4工法の1.5倍の壁厚で、壁の曲げ応力に対する強さは2×4の「約2.5倍」の強度を誇ります。住宅性能評価基準をハイレベルでクリア。堅牢な駆体が永年にわたり際だった耐震・耐久性能を実現します。

ダイヤフラム6面体構造が外圧を分散。堅牢な構造を実現

〈モノコック構造〉の6面体は強い剛性をもつ面材と枠組材を一体化させた「ダイヤフラム」という立体盤面を形づくります。
こうして形成された水平・垂直両方向のダイヤフラムによって、外部から加わる力をお互いに吸収・分散し支え合うことにより、きわめて堅牢で外圧に強い構造性能を発揮します。

【フルベース基礎】
シロアリから土台を守る独自の防湿・防結露技術

厚さ150mmの鉄筋コンクリートで床下全面を覆う〈フルベース基礎〉により、きわめて強固で信頼性の高い基礎構造を実現。基礎全体が一体化した盤面を形成し、床下の「通気」を確保して基礎下からのシロアリの侵入・繁殖を許しません。
また、環境や地盤特性にも配慮し、2種類の工事規格をご用意しています。軟弱地盤には加重負担を基礎全面で地中に伝える〈ベタ基礎〉を、高低差のある敷地には〈布基礎〉で対応。いずれも、それぞれの綿密な地盤調査データに基づき万全の技術でお応えします。

コンクリートは、1cm2あたり約240kgの荷重に耐える圧縮強度24N/ mm2を採用しています

 

お問い合わせ 0120-206-244
営業時間 AM10:00~PM5:00 定休日 水曜日・年末年始

カタログのご請求 家造りのご相談 見学会のお申込み

マドリームに紹介されました
モデルハウスのご案内

北欧住宅のウェルダンノーブルハウスでは、モデルハウスを常設して、お客様をお迎えしております。ご見学のご予約も受付中です。

モデルハウスご見学 お申込み

モデルハウス 詳細

見学会・イベント情報

現地見学会や構造見学会など、北欧住宅や注文住宅をお考えのお客様に向けたイベントを各種企画しております。

最新イベント情報はこちら

スタッフブログ
スタッフブログ
商品ラインナップ

ジェイブリッサ

アーキペラーゴ

ウェルリフォーム

企業情報

ジューテックホールディングス株式会社

ジューテックホーム株式会社

チャレンジ25