Web建築見学会

トップページ > Web見学会 > 神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 建設予定地です。

神奈川県愛甲郡愛川町でも
新築工事が始まりました。

これから
述べ床面積:53坪の2階建て
2×6(ツーバイシックス)工法採用
総レンガ張りの重厚なウエルダンの建物が
建築されていく工程をご紹介していきます。

写真は既存物がキレイに解体・撤去された
「更地状態」の写真。

本日は天気も良く快晴の冬晴れです。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 地盤調査を行いました。

今回のお客様の土地では
「既存物(建物やアスファルト等)」が
建築予定の建物上にあった為、それらを
解体・撤去後に地盤調査を行いました。

※私共(株)ジューテックでは独自の
 「地盤損壊保証付き」地盤調査を
  行っております。

→この調査、他社と違い、土地の地盤にも
「10年間」の保証が付く安心調査なんです。
万が一の場合には最高5000万円まで保証。
(引受会社:東京海上日動火災保険)

このような「目では見えない保証」も
家づくりの重要なファクターです。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 地鎮祭  ●おめでとうございます。

今本日は大安吉日。
冬晴れの中「地鎮祭」が
とり行われました。

さあ、これから
ウエルダンノーブルハウスの工事が
始まります。

本日は誠におめでとうございます。

※下の写真は
 建物の中心(地中)に埋設する
 神主様よりの鎮物(シズメモノ)です。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 地盤改良工事①

今回行った地盤調査における
データ解析の結果、お客様の土地が
軟弱地盤であることが判明。
これから「地盤改良工事」が始まります。

(写真:上)
 コンクリート杭を打設する予定配置写真
 →青い色の部分

(写真:中)
 今回の工事で使用する「コンクリート」
 の材料。 かなりの量になります!

(写真:下)
 コンクリートを混ぜあわせる機械です。
 → 色々な重機が現場に入ってきます。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 地盤改良工事②

今回の地盤改良工事は解析結果により
柱状改良工事を採用。

■「柱状(チュウジョウ)改良工事」

建物の基礎の下にセメント系の固化材を
スラリー状にし、地盤に注入しながら
機械で混合打設する改良工事のこと。
これにより現状の地盤土を柱状固化させ、
地盤補強・強化を図る工法です。

(写真:上)
柱状改良工事の補強イメージ図

(写真:下)
重機により、ゆっくりと打設していきます。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 建物の基礎工事スタート(遣り方)

地盤改良工事の「養生期間」も
完了し、これから建物の基礎工事が
始まります。

■水盛り遣り方(ミズモリヤリカタ)
建築物の実際の位置・高さ・水平などを
決める作業。ただの木の棒に見えますが、
敷地に対して正確な位置で建物を建てる
為に、とても重要な作業です。

※ちなみに地面の「ヘコミ」は
 柱状改良工事の跡になります。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●基礎工事(配筋工事スタート)

基礎の配筋工事が始まりました。
(写真は配筋を組み始めた時のものです)

■基礎の配筋チェックポイント
・鉄筋の倒れ(傾き)
・土や外気に接する基礎部分の
 鉄筋かぶり厚
・防湿フィルムの施工状況
・鉄筋の本数、径、ピッチ
・鉄筋重ね継手の継手長さ
・コーナー補強部分、開口補強部分 等々

配筋工事が完了しますと
コンクリート打設前に
弊社において

上記に関する項目等を検査する
「配筋検査」を実施致します。

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●基礎工事:完了

コンクリート型枠も外れ
2×6用の基礎工事が完了しました。
(基礎巾1.25倍の150㍉仕様)

■防湿・防結露■
 「スラブオングランド工法」

梅雨時期や夏場のジメジメした湿気を
シャットアウトする為に床下空間を
なくした基礎工法。(カナダ北米では
一般的工法のひとつ。)

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●①フレーミング工事(2×6の骨組工事)

天気の良い清清しい気候の中、
骨太の2×6(ツーバイシックス)の
フレーミング工事が始まりました。

ラフター(クレーン車)で1階や2階の
構造壁を組み立てていきます。

※写真は骨組工事をスタートしてから
 4時間後の写真になります。

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●②フレーミング工事(2×6の骨組工事)

1日でおおよそ2階壁(垂木準備)まで

施工完了しました。
※フレーミング工期につきましては
 お客様の土地諸条件により異なります。

■ここで2×6工法のメリットについて
外壁の枠組に2×6(38㍉×140㍉)材を
用いることにより2×4(38㍉×89㍉)材に
比べ、外壁の厚みが「1.6倍」にもなります。

メリット①
外壁の厚みを1.6倍とすることで同等の
厚い断熱材を充填できます。(より高断熱)
メリット②
規格部材を太くすることや厚い断熱材により
外部からの「防音効果」が上がります。
メリット③
2×4と比較すると「曲げ強度」 2.5倍
「圧縮強度」1.6倍 の構造強度。
メリット④
2×6を支える「基礎の巾」についても
1.25倍 の150㍉ を標準化。

→この結果、建物にかかる地震や台風、
 積雪加重など様々な「外力」を頑強な
 外壁から基礎へ、そして地盤へ、
 スムーズに流します。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● ③フレーミング工事(2×6材と2×4材)

■2×6材と2×4材の奥行きの違い

左側の部材が「2×6材」
右側の部材が「2×4材」です。

厚さは同じ2インチでも
奥行きが「1.6倍」あります。

※この「違い」
 写真ではわかりにくいですが…
 是非、ご自身の目でお確かめ下さい。

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● ④フレーミング工事(屋根) 構造躯体:完成

フレーミング工事(2×6の骨組み)が
完了しました。

やはり、骨太の2×6
(ツーバイシックス)は迫力があります。

※ご近所で建築中の木造住宅と比べると
 「骨太感」がより顕著ですね。

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 木製サッシ取付工事

構造躯体の完了検査も終わり
本日からは「木製サッシ」の
取付工事がスタートしました。

今回の物件には
外部を「アルミクラッド」とした
「木製ペアガラスサッシ」を採用。

このサッシ、外部のみがアルミの為
木製サッシ特有の塗装メンテナンスが
かからないのが特徴。

室内側のガラスには金属コーティングを
施した「紫外線カットガラス」
(LOW-Eガラス)を採用。

カーテンや床材の「日焼け」など人体にも
有害な紫外線をカットします。

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 屋根工事(屋根防水下地)  ■呼吸する屋根■

サッシ取付工事と共に屋根の
防水下地工事も同時進行中です。

ウエルダンノーブルハウスでは
「呼吸する屋根」として新開発の
「透湿性」ルーフィング材を標準で採用。

一般のルーフィング材よりも高価なもの
なのですが、ここが私共、建材商社の
強みでもあります。

こういった屋根材がのると見えなくなる
部材も「家選び」では重要なファクターです。
(是非、他社様の仕様と比べてください。)

■この商品の優れた特徴は
  こちらをクリック!

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 給水管の工事がスタートしました。

給水管(上水道)の工事が
始まりました。

ウエルダンノーブルハウスでは
メンテナンス性の高いヘッダー管を採用。

※青い色の管 → 水道
 オレンジ色 → 給湯(お湯)

まだまだ採用していない
ハウスメーカーさんも数多くいますので
要注意です。

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 蓄熱式温水床暖房

さあ、今日はウエルダンノーブルハウスの
特徴のひとつである「蓄熱式温水床暖房」
の工事が始まりました。

この床暖房、一般の床暖房のデメリット
であったランニングコストの高い点を
蓄熱式という独自のメカニズムでクリア
した商品。(約1/3程度)

工事費も他の床暖房形式よりも安価で
オススメの商品です。

※この床暖房…阪神大震災でも
 びくともしませんでした!

「2×6」+「24時間換気システム」+
「蓄熱式温水床暖房」+「高気密・高断熱」の
 魔法瓶の家。

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 現場見学会を開催!

3月に、お客様のご協力のもと
「現場見学会」を開催させて頂きました。

これからウエルダンノーブルハウスの建物
を建てようとかな?といったお客様も
多数お越し頂き、盛況に終わりました。

建売住宅やマンションの購入では
出来ない「注文住宅の醍醐味」が
ここにはあります。

■他地域でも随時、現場見学会を行って
 おります。 まずはお電話下さい。

フリーダイヤル 0120-206-244
 こちらまで

 

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●屋根工事 完了!

屋根の工事が完了しました。
今回のY邸は三州産の陶器瓦を採用。

■ヱビス瓦工業製「モニエース」

耐候性は抜群の商品。
陶器の特性をいかんなく発揮し、
雨水を滑るように流し、
強い日差しや厳しい寒さ、雪・湿気など
日本特有の気象条件に最適な
屋根材のひとつです。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●外壁下地(防水・同縁取付)工事 

構造躯体を呼吸させる
「外壁通気構法」の下地が完成。

■日本の住宅を脅かす「壁内結露」■

結露の本当の怖さは目には見えない
構造内部にできる「壁内結露」にあります。
これが腐食菌の繁殖を促して構造躯体を
腐らせる原因にもなっています。

「結露→カビ→腐食→シロアリ発生」

ウエルダンノーブルハウスでは
構造躯体を呼吸させる「通気層」を
設けることで構造内部に滞留する湿気や
熱を外部に逃がし、日本特有の結露から
大事な建物を守ります。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●天井防振吊り金具

■遮音分散床構造

ウエルダンノーブルハウスでは
2階の床からの「音」を分散させる
「吊り天井方式」を採用。

※上の写真は1階の天井を吊る為の
 「防振吊り金具」。

このような装備がないツーバイ
工法や輸入住宅…。
まだまだあるようです…。

ご注意ください。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●お施主様による電気配線チェック

本日はお施主様による建物内部の
配線確認を行いました。

今までのお打合せで決めた「電気配線や
コンセントの高さ、照明器具の位置、
LAN配管の確認」などが 図面通り、
施工されているか?どうかを確認する
大事な作業です。

建物もおおよそ全工程の50%
完成しました。
(完成が待ち遠しいですね。)

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●断熱工事(完了)

断熱工事が始まりました。

■一番上の写真は、
「デュポンTMザバーン」
室内側に施工する「夏型結露防止用」の
「調湿」気密シートです。

ザバーンのことは…
こちらをクリック

※「防湿」と「調湿」は大きく異なります。

ウエルダンノーブルハウスでは
次世代省エネ基準対応の
高性能グラスウール
(高断熱/高気密住宅用断熱材)
を標準設定。

2×6材の奥行を利用して
2×4の「1.6倍」厚く断熱材を
入れることが可能。(より高断熱!)

■グラスウールのことは…
 こちらをクリック

※最近、流行の「外断熱」…。
 ウエルダンノーブルハウスでは長期的な
 「耐震性・耐久性」を主眼に置き、
 2×6充填式断熱工法をお勧め致して
 おります。

2×6だからヒートブリッジ(熱橋)も
外断熱を必要としないぐらい少ないんです。
(ちょっと難しいお話ですが…)

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

●造作工事 (窓廻り工事)

■写真(上)
木製サッシの内側(ケーシング)の
化粧工事が完了しました。

この後、無垢材にペーパーがけを
行い、クリア塗装を施します。

■写真(下)
2×6工法
(ツーバイシックス)の骨太構造が
こんなところでも見てとれます。

→ポイント:
 窓をみると・・・壁が厚いのが一目瞭然。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 造作工事 (天井パイン材・石膏ボード工事)

■写真(上)
リビング・ダイニングの天井には
北欧パインの無垢材を使用。
無垢の木の優しい香りが漂います。

→調湿・消臭機能もあり、
 オススメの仕様です。

■写真(下)
室内側の石膏ボード(延焼防止)も
工事が完了しました。

ウエルダンノーブルハウスでは
ファイヤーストップ材を使用し
延焼しにくい防火構造を採用しています。

この為、火災保険についても、
保険料の安い「準耐火認定」を標準で
取得しております。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 外壁工事(総レンガタイル) 乾式工法

今回のお客様では、メンテナンスフリーの
乾式工法による「総レンガタイル」を
採用されました。

初期投資としましては高い商品なのですが
長期間の「メンテナンス費用」を
考慮すると、実はそれほどの
コスト負担ではない仕上材になります。

■写真(上)
乾式レンガタイルの下地材

■写真(中・下)
その下地(サイディング)に
一枚一枚、レンガタイルを
取り付けていく気の長い作業です。

重厚な質感が建物を引き立てます。

私共ウエルダンノーブルハウスでは
建材総合商社のメリットを生かし
様々な外壁のバリエーションを
取り揃えております。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 建物工事 現在70%完成

建物本体の工事も
約70%程度完成しました。

大工さんの仕事も
ほぼ完了し、これから設備や壁紙、
照明器具などの工事が始まります。

大工さん、お疲れ様でした。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 浴室工事

浴室の工事が完了しました。

今回の物件はお掃除などに
手間のかからない
ユニットバスを採用。

出入口のドアは
バリアフリーの3枚引戸を
使い、広い開口部が魅力。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● キッチン工事:完了

キッチンの取付工事も完了しました。

対面式キッチンながら
吊戸棚でちょうどいい独立性を
持たせ、ダイニングからも
食器などの洗い物が見えない設計。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 室内ドア・収納折戸(ムク材) 取付

■写真(上)
室内ドア・収納折戸も
取付けられました。

今回の物件は「北欧パイン」の
ムク材を使用したドアを採用。
ドアを開けた瞬間、やさしい木の
香りが漂います。

■写真(下)
木製サッシの室内側の枠(ケーシング)
も全て完成しました。

室内ドアとうまく調和してますね。
これが「天然木」の醍醐味そのもの。
非常に人に優しい
良い雰囲気ですね。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 足場撤去 → バルコニー工事

本日は外部の「足場」を撤去。
総レンガタイルの外観が
町並みにマッチしてます。

午後から2階のバルコニー工事が
始まりました。

今回の物件はアルミ製バルコニーを
採用。奥行きのあるバルコニーで
使い勝手も良さそうです。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 室内:クロス(壁紙)工事 スタート

建築工事も、終盤にさしかかりました。

本日からは壁紙(クロス)工事
がスタート。

※写真は壁紙をカットする専用機械。
 石膏ボードの継ぎ目やビス頭部分を
 パテ処理を事前に行い、これから
 施工していきます。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 24時間換気システム:外部フード取付

24時間換気システムの
外部フードが取り付けられました。

ウエルダンノーブルハウスでは
チリやホコリの堆積の心配のない
ノンダクト方式の換気システムを
標準装備。

■強制給気・強制排気の
 「第一種換気」を採用しております。
 (湿度・人感センサー付き)

ダクト式の換気システムの場合、残念
ながら・・・長年の使用で給気ダクト内に
チリやホコリが堆積してしまい、
これらを除去するには天井部分を
一度、撤去しないと掃除ができません。

ウエルダンノーブルハウスでは
この「第一種換気」のノンダクト
システムをおススメいたします。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 付属建物(プレハブ工事) 完了

今回の物件では、お客様の建物に
付属して、ご主人の使用する
「プレハブ工事」も施工
させていただきました。

私共、㈱ジューテックでは
輸入住宅だけではない
このような建物も施工しております。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● ボイラー取付工事(給湯器・床暖房用)

給湯・床暖房用ボイラー取付工事が
完了しました。

今回の物件では、
給湯  → 灯油式
床暖房 → 灯油式  の仕様。

ウエルダンノーブルハウスでは
地域性やお客様の好みにより
様々な給湯・床暖房システムを
ご用意しております。

ガスはもちろん、
「オール電化」や「オール灯油ボイラー」
などの仕様にすることも可能です。

■写真(下)
北面に設置した灯油の備蓄タンク。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 設備機器工事① トイレ

トイレもタンクレス便器が
取り付けられました。

床材には明るめのアースカラーの
磁器タイルを採用。

汚れにも強い、清潔な空間です。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 設備機器工事② ユニットバス・洗面室

浴室・洗面化粧室も完成。

■写真(上)
3枚引戸を採用したユニットバス。
もちろんバリアフリー仕様。

■写真(中)
洗面化粧室の床材にも
イタリア製の磁器タイルを採用。
リネン収納もあわせて
建築にて製作。

■写真(下)
キッチンからのショット。
奥様の「家事動線」を考え
一列に水まわりをプランニング。
 (キッチン→洗面室→浴室)

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 設備機器工事③ キッチン

キッチンは、使いやすく
収納量抜群のオールスライド式
カウンターキッチンを採用。

炊飯器やポット、トースター類の
家電収納も考えられた「背面収納」も
あわせてオーダー。

床にはイタリアンタイルを使い
勝手口ドアも設置した非常に
使いやすそうなキッチン。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 外構工事・外水栓工事

外構工事も
まもなく完成を迎えます。

■写真(上)
玄関前には、ポストを
埋め込んだ袖壁を設置。

表札は、なんとお客様がご自分で
つくったアルミの型枠から
削り出したオリジナル一品もの。
(・・・お見せできないのが残念です。)

■写真(中・下)
外部の立水栓も取付中。
実はこの商品・・・組立式のユニット商品。

私共、ジューテックでは
住宅資材商社であるがゆえ、
様々な商材をリーズナブルに
ご提供可能です!

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 収納部分:完成

収納部分が完成しました。

■写真(上)
玄関の横に配置した
「シューズクローク」。
見ての通り、棚がこれだけ
ありますので収納量も抜群。
※棚は可動棚になります。

■写真(中)
中段枕棚タイプの収納。
折戸にはパイン材(ムク材)を使用。

■写真(下)
ハンガーパイプを組み込んだ
洋室収納。同じく折戸はパイン。

※本日は社内完工検査及び役所による
 完成検査が完了しました。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 建物の顔となる玄関ドア

玄関ドアも工事中の傷防止用の
養生をはずしました。

■デンマーク製玄関ドア:イエツレ

オークの無垢材を使用した
鉄骨フレームによる重厚な玄関ドア。
(ドア自体の重量は98㌔もあります)

さらに、このドアのデザインは
150年以上前からのものだそうで
飽きのこないデザインも魅力。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 竣工・完成・お引渡し①

お施主様立会いによる最終検査・
手直し工事も完了し、
本日は待ちに待った
「建物のお引渡し」です。

電気配線系統・スイッチ・コンセント
類のご説明から始まり、水廻り関連機器
の取り扱い方法や登記関連、保証書関連
のご説明など、内容の濃い一日です。
(一度では覚えきれない量?)

最後に「お引渡書」にサインをいただき、
お客様へ建物引渡しが完了しました。

Y様、本日はおめでとうございます。
そして、誠に有り難うございました。

▲このページのトップへ戻る

神奈川県愛甲郡愛川町:赤レンガの家

● 竣工・完成・お引渡し②

お引渡しも完了し、最後にお施主様と
大工さんや社員で記念撮影!

これからが本当のお付き合いの
始まりです。今後とも宜しくお願い
致します。

さて、私共、㈱ジューテックがお届けする
ウエルダンノーブルハウスでは、
自社一貫でのメンテナンス工事体制を
ご用意いたしております。

■WELL SUPPORT(ウェルサポート)
お客様の大切な建物を一棟ごとに
カルテを作成し、10年目までは定期的に
点検。さらに10年目以降は躯体、
雨漏れを中心として建物内外を総合的に
検診。リフォームやメンテナンスの為の
アドバイスを無料で行っております。

▲このページのトップへ戻る

マドリームに紹介されました
モデルハウスのご案内

北欧住宅のウェルダンノーブルハウスでは、モデルハウスを常設して、お客様をお迎えしております。ご見学のご予約も受付中です。

モデルハウスご見学 お申込み

モデルハウス 詳細

見学会・イベント情報

現地見学会や構造見学会など、北欧住宅や注文住宅をお考えのお客様に向けたイベントを各種企画しております。

最新イベント情報はこちら

スタッフブログ
スタッフブログ
商品ラインナップ

ジェイブリッサ

アーキペラーゴ

ウェルリフォーム

企業情報

ジューテックホールディングス株式会社

ジューテックホーム株式会社

チャレンジ25