Web建築見学会

トップページ > Web見学会 > 横浜:「山手の丘」の家

横浜:「山手の丘」の家

横浜「山手の丘」の家
● まもなく着工します。

横浜市中区山手町~でも
ウエルダンノーブルハウスの工事が
間もなく始まります。

■総レンガ
 (ベルギー製ハンドメイドレンガ)
 の重厚な建物の完成までを
 お伝えしてまいります。

■眼下にはマリンタワーが見え
 山手の公園などが近隣にある
 閑静で歴史と情緒のある住宅街です。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 「地盤調査」を行いました。

着工前の「地盤の調査」を実施致しました。
(只今、地盤データ、解析中!)

※私共(株)ジューテックでは独自の
 「地盤損壊保証付き」地盤調査を
  行っております。

→この調査、他社と違い、土地の地盤にも
「10年間」の保証が付く安心調査なんです。
万が一の場合には最高5000万円まで保証。
(引受会社:東京海上日動火災保険)

これからの地盤調査は調査
するだけでは×。
その調査に「保証」が付いているか?も
チェックポイントです。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 「地鎮祭・ご近隣挨拶まわり」

本日は、真夏の炎天下を避けて
朝一番の8時30分より
地鎮祭を執り行ないました。

また、式の後、ご近隣へ
工事着工の挨拶まわりも同日実施。

さあ、これからウエルダンノーブル
ハウスの工事が始まります。

本日は誠におめでとうございます。
(朝早くからお疲れさまでした。)

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 地盤改良工事①

今回のお客様の土地では
地盤調査解析の結果、
敷地内の一部に「軟弱地盤層」が
あることが判明。

■地盤改良とは?
地盤調査の結果、軟弱地盤と診断された
土地に対し、建物が耐えられる様に基礎
の下の地盤を補強すること。

今回は、その解析により
「鋼管杭」による
地盤改良工事が始まりました。

専用重機により、支持地盤層まで
じっくりと「杭」を
時間をかけて打ち込みます。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 地盤改良工事②

回転圧入工法による
鋼管杭を全て打設完了しました。

■鋼管杭工法とは?
建物の荷重を構造用鋼管杭を介して
強固な地盤層に伝えることにより、
支持力の確保及び、不同沈下の抑制を
図る工法なのです。

矢印部分が「地盤改良杭」跡。
(36本の杭を支持層まで
     打ち込みました。)

来週からはウエルダンノーブルハウスの
「骨太」基礎工事が始まります。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 基礎工事(捨てコンクリート・配筋工事)

さあ、今週からは基礎工事が
始まりました。

杭打ち後に建物の位置を正確に表示
する為の「捨てコンクリート」を打設。

現在、基礎の鉄筋を組立てている状況。

はじめに打込んだ鋼管杭と建物の基礎が
つながるように鉄筋を組立てていきます。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 基礎工事(検査・ベースコン打設工事)

基礎の「配筋」も施工完了し、
本日、「基礎配筋検査」を実施。
設計で決めたピッチで、配筋されているか
コンクリートのかぶり厚、重ね継手の
長さなどを検査。

検査合格後
基礎のベースにコンクリートを
流し込み、本日の工事は終了しました。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 基礎工事(型枠・コンクリ打設工事)

本日は基礎の立上がり部分の
型枠及びコンクリートを
打設する工事を行いました。

型枠と鉄筋の中に空洞ができないよう
コンクリートを流し込みます。

コンクリートが密になるよう
バイブレーター等を使用して
「流し込み作業」が完了。

※この骨太の基礎形状!
 是非、皆様にご覧頂きたい
 ウエルダンノーブルハウスの
 特徴のひとつです。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 骨太基礎工事:完成

コンクリートの型枠をはずし
【骨太の基礎工事】が完成しました。

写真(下)は「ホールダウン金物」。阪神
大震災の際、木造住宅の新聞記事でもこの
金物のことが大きく載っていましたね。

記事によると軸組工法では通し柱が土台か
ら抜けたケースが多く、ホールダウン金物
によって基礎と通し柱が締結されていれば、
そのような被害は防げたというものでした。

ツーバイ工法では3階建ての住宅について
は、このホールダウン金物を取付けるように
指示されています。(公庫仕様書を参照)
通常、2階建ての建物ではホールダウン
金物は必要ないとなっておりますが、
ウエルダンノーブルハウスでは標準装備。

■ホールダウン金物とは…
建築物の構造躯体を基礎にしっかり
固定するための接合金物で、
建物の隅角部に設置することにより
耐震性能がより高まる金物。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● フレーミング工事 【1階・2階】

2×6:ツーバイシックスの
フレーミング(骨組み)工事が
始まりました。

ウエルダンノーブルハウスでは
「注文住宅」の醍醐味である
「骨組み構造」がお客様のご協力のもと
ご覧いただけます。

※現場の安全上、そして、お客様の
 プライバシーの関係上、
 弊社にご連絡をいただいて
 からのご案内となりますので、まずは、
 下記のご連絡先までお問合せ下さい。

■お問合せ先
フリーダイヤル 0120-206-244
(ツーバイシックスにしよう!)

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● フレーミング工事 終盤

フレーミング(骨組み工事)も
終盤を迎え、現在、屋根部分の
骨組みを施工しております。

明日には「構造検査」を実施予定。

※下の写真は2階部分からのショット。
 各お部屋からマリンタワーや
 ベイブリッジなどの横浜の名所が
 見える絶好のロケーションです。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 屋根工事:始まりました。

「呼吸する屋根」として新開発の
「透湿性」ルーフィング材を標準で採用。

一般のルーフィング材よりも高価なもの
なのですが、ここが私共、建材商社の
強みでもあります。

こういった屋根材がのると見えなくなる
部材も「家選び」では重要なファクター
なんですよ。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 屋根工事:完了しました。

屋根の工事が完了しました。
今回の「山手の丘の家」では
三州産の「陶器洋瓦」を採用。

この屋根材、耐候性は抜群の商品。
陶器の特性をいかんなく発揮し、
雨水を滑るように流し、
強い日差しや厳しい寒さ、雪・湿気など
日本特有の気象条件に最適な
屋根材のひとつです。

■写真(上)
北面の屋根面には
トップライトが取り付けられました。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 歴史ある町並・隣接公園

今回の「山手の丘」の家の近隣には
「横浜らしさ」があふれています。

写真は徒歩30秒の
観光スポットでは
お馴染みである「とある公園」。

最寄駅である石川町駅も歩いて5分と
最高の立地条件です。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 構造金物類:取付

耐震・耐風金物が取付けられました。

■写真(上)
土台-床-壁-屋根パネルをそれぞれ帯金物で
緊結し、壁パネルの結合を高めています。

■写真(中)
「ハリケーンタイ」と呼ばれる吹き上げ
防止金物です。屋根の垂木と構造体を
しっかり結びつけ、台風などの突風にも
影響を最小限にくい止める金物。

■写真(下)
ツーバイ工法の場合、
3階建の建物に取付義務のある
「ホールダウン金物」。
(公庫仕様:基礎と1階-壁パネルの結合)

ウエルダンノーブルハウスでは
平屋・2階建の場合においても
この金物が標準仕様なんです。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 木製サッシ:取付

本日からは「木製サッシ」の
取付工事がスタートしました。

今回の物件には
外部を「アルミクラッド」とした
「木製3層ガラスサッシ」を採用。

このサッシ、外部のみがアルミの為
木製サッシ特有の塗装メンテナンスが
かからないのが特徴。

室内側のガラスには金属コーティングを
施した「紫外線カットガラス」
(LOW-Eガラス)を採用。

カーテンや床材の「日焼け」など人体にも
有害な紫外線をカットします。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外部:透湿防水シート・空気層工事 スタート

透湿防水シート(写真の白いシート)で
構造躯体をスッポリと包む工事が
始まりました。

この透湿防水シートとは
「湿度」は通して、「水」は通さないと
いうスキーウェア等でよくある
「ゴアテックス」のようなもの。

外壁から雨水が浸入しても構造躯体は
濡らさず、壁の中に発生した結露等の
湿気は外に逃がすという
優れものなんです。

日本の気候には必須の建材のひとつです。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 水道給水管・電気配線工事:スタート

水道屋さん・電気屋さんの出番が
やってまいりました。

構造躯体が完成し、断熱材を充填する
までの間が彼ら職人さんの腕の見せ所。

※給水配管にはメンテナンス性の
 高いヘッダー管を採用。

 このようなメンテナンス性の
 高い商品・工法をウエルダンノーブル
 ハウスでは標準採用しております。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 窓からの景色

昨日の悪天候から一転。

本日は気持ちの良い天気です!

思わず、お客様の窓から見える

景色(YOKOHAMA VIEW)を

撮ってみました。

Beautiful !

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● お施主様による構造・電気配線チェック

本日は快晴の秋晴れの中、
お施主様による建物構造及び
電気配線関連の現場確認を行いました。

今までのお打合せで決めた
「電気配線やコンセントの高さ、照明
器具・TVの位置、LAN配管の確認」
などが 図面通りに施工されて
いるかどうかを確認する大事な作業です。

大変お疲れ様でした。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 【呼吸する家】

構造躯体を呼吸させる
「外壁通気構法」の下地が完成。

■日本の住宅を脅かす「壁内結露」■
結露の本当の怖さは目には見えない
構造内部にできる「壁内結露」にあります。
これが腐食菌の繁殖を促して構造躯体を
腐らせる原因にもなっています。

「結露→カビ→腐食→シロアリ発生」

ウエルダンノーブルハウスでは
構造躯体を呼吸させる「通気層」を
設けることで構造内部に滞留する湿気や
熱を外部に逃がし、日本特有の結露から
大事な建物を守ります。

来週からは
外壁工事(下地)が始まる予定です。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 断熱材・透湿気密シート 施工

断熱・気密工事が始まりました。

ウエルダンノーブルハウスでは
次世代省エネ基準対応の高性能
グラスウール(高断熱/高気密住宅用
断熱材)を標準設定。

2×6材の奥行を利用して
2×4工法の「1.6倍」厚く断熱材を
入れることが可能。(より高断熱!)

■このグラスウールのことは…
 こちらをクリック

※最近、流行の「外断熱」…。
 我々㈱ジューテックでは長期的な
 「耐震性・耐久性」を主眼に置き、
 2×6充填式断熱工法をお勧め
 致しております。

■一番下の写真は、
 「デュポンTMザバーン」
 室内側に施工する「夏型結露防止用」の
 「調湿」気密シートです。

 ザバーンのことは…
 こちらをクリック

※【防湿】と【調湿】は
  大きく異なります。 これポイント!

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外壁工事(下地:ラス網)

■ベルギー製ハンドメイドレンガ

今回の「山手の丘の家」では
総レンガの外壁をチョイス。

本日から、外壁の【下地工事】に
着手しました。

まずはレンガの下地となる
波状に凸凹している「ラス網」を施工。

表面が平らな普通の網よりも
モルタルの付着が良いもので
しっかりとした外壁下地が
出来上がります。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外壁工事(下地:モルタル)

外壁レンガの下地工事も4日目を
迎えました。

熟練の左官職人が丹念に
下地をつくりあげていきます。

レンガを貼ると見えなくなる下地
部分ですが、じっくり時間をかけて
施工する、非常に重要な工程です。

明日からは規定の養生期間に入ります。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 内部造作工事

外壁の下地工事と同時進行で
室内の各工事も着々と出来てきました。

■写真(上)
 アルミクラッドの木製トリプルサッシ
 →ケーシング(室内枠)も取付完了。

※木製サッシの施工に関しては長年の
 「ノウハウ」が必須。誰でも取付け
 出来るものではございません。
 (これポイントです。)

■写真(中)
 「1階~2階~ロフト」への階段
 2セット分も取付・施工完了しました。

■写真(下)
 各部屋のプラスターボード(石膏ボード)
 の取付・施工もほぼ完了しました。

※ウエルダンノーブルハウスは
ファイヤーストップ材を使用し
標準仕様で「省令準耐火構造」を取得。
 
 【火災保険】も一般の木造住宅に
 比べて「約40%程度」安いんです。

 

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外壁レンガ工事 スタート

■ベルギー製ハンドメイドレンガ

1つとして同じ形がなく、
個性豊かな表情を持つレンガ。 
色彩は厳選された原料の色であり
決して変色しない天然のアース
カラーが特徴。(他6色をご用意)

この質感が写真では
伝わりにくいのが非常に残念。

是非、実物をご覧頂きたい商品の
ひとつです。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 造作工事 【大工工事終了】

建物本体の工事も
約80%程度完成しました。

大工さんの仕事も
ほぼ完了し、これから設備や壁紙、
照明器具などの工事が始まります。

大工さん、ご苦労様でした。

■写真(上)
ダイニング部分のショット。
キッチンのカウンターや
飾り棚等を建築で設置。
 

■写真(下)
LD部分の壁には【ニッチ】を設置。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 壁紙工事:スタート

■写真(上)
 壁紙用の糊付け機
 これから壁紙(クロス)工事が
 始まります。

■写真(下)
 壁紙用の接着剤

シックハウス症候群の原因となる
ホルムアルデヒド・その他の揮発性
有機化合物(VOC)発生:ゼロ商品

ウエルダンノーブルハウスでは
上記商品を標準採用しております。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外壁レンガ工事

外壁のレンガ工事も着々と進行中。

■写真(上)
 レンガの割付作業。
 下地部分に水糸を垂らし
 シンメトリーにタイルを
 割り付け仕上げていく
 大事な作業です。

■写真(中・上)
レンガ作業工程も70%程度完了。
独特の『ハンドメイド仕上げ』が
山手の町並みにもマッチ。

これから「レンガ目地材」も
入る予定です。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 壁紙(クロス)工事:完了

お客様とインテリアコーディネーターとの
打合せで決定した壁紙工事も
5日間の工程で完了しました。

壁紙がはられると、お部屋も
非常に明るくなり
一段と広く感じますね。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外壁レンガ工事 完了①

 アースカラーの
 総レンガは圧巻の一言。

※タイル職人さん、ご苦労さまでした。

■ちょっとした
 こだわりポイント!

 窓サッシをご覧頂くとわかるのですが
 実は外壁より「引込んで」いるんです。
 
 これが建物の陰影を生み、独特の
 雰囲気がでる「ひとつの秘密」。
 一般の建物との違いがこんな
 ところにもあらわれています。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外壁レンガ工事 完了②

今回の物件のレンガには
アンティークロードを採用。
(他6色ご用意しております。)

ベースに濃いレッドやソフト
バイオレット等を使用し
特殊技術の焼成カーボンにより
全体が褐色がかかった
タッチに仕上げられています。

山手の町並みにマッチした
外壁素材のひとつ。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外部足場:撤去しました。

建物の外部検査を行った後、
本日、足場を撤去しました。

足場を撤去してからというもの、
山手の土地柄、観光客の皆様が
足を止めて見ていく光景が
とても印象的。

※ハンドメイドレンガの質感が
 この写真では、ちょっと・・・
 わかりにくいのが残念・・・。

明日は室内のクリーニングを実施予定。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 玄関ドア:デンマーク製  ■イエツレ■

玄関ドアも工事中の傷防止用の
養生をはずしました。

■デンマーク製玄関ドア:イエツレ

マホガニーの無垢材を使用した
鉄骨フレームによる重厚な内開き
タイプの玄関ドア。
(ドア自体の重量は98㌔もあります)

他にも4種類の無垢材をご用意。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● エアコン・室外機・給湯器 取付

ビルトイン型エアコンや給湯器類も
取付け完了しました。

※建物外壁に配管経路が見えない
 「隠蔽配管」を採用し
 すっきりした外観が可能な
 おススメな配管方式。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 24時間換気システム (第一種換気)

24時間換気システムの工事が完了。

■強制給気・強制排気の
 「24時間の第一種換気」。
 (湿度・人感センサー付き)

ダクト式の換気システムの場合、残念
ながら・・・長年の使用で給気ダクト内に
チリやホコリが堆積してしまい、
これらを除去するには天井部分を
一度、撤去しないと掃除ができません。

ウエルダンノーブルハウスでは
「メンテナンス性」を重視した
この「第一種換気」の【ノンダクト】
システムを標準採用。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 蓄熱式床暖房 ボイラー・リモコン取り付け

蓄熱式温水床暖房のリモコン・ボイラーを
取付完了しました。

■設置場所は 「1階全面!」
 
 LDKは勿論、玄関・洗面所・トイレ
 廊下・収納部分にも全て床暖房。
 (室内温度のバリアフリー化)
 
今回の物件では「都市ガス」を採用。
蓄熱式だからランニングコストもお得な床暖房。

■写真(上)
 床暖房用の24時間タイマースイッチ

■写真(下)
 北側の外壁に設置した床暖ボイラー

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外構工事:スタート

建物内部の工事と共に
外部の外構工事もスタートしました。

■写真(上)
 土地の形状に合わせた
 ウッドデッキを施工中です!

■写真(中・下)
 ガーデンスペース及び門扉や
 駐車スペースを只今、施工中です!

私共、ジューテックでは住宅資材商社
であるがゆえ、様々なガーデン商材も
リーズナブルにご提供可能です。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 住宅設備:ユニットバス・洗面・トイレ:取付

内部の設備機器類の
取付工事が完了しました。

■写真(上)
 明るく清潔感溢れるユニットバス。
 冷っとしない床:サーモフロア!

■写真(中)
 洗面化粧台と便器を同一スペースに
 配置したスペースの有効利用例。

■写真(下)
 洗面脱衣室に設けたタオル類等の
 リネン収納棚。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 住宅設備:キッチン・背面セット:取付

システムキッチンの
取付工事も完了しました。

今回の物件では「対面式」を採用。
収納量抜群のオールスライド収納を
取り入れ、使い勝手も抜群。

炊飯器やポット・トースター類の
家電収納も考えた「背面収納」も
あわせてオーダー。

床には大きめのイタリア製のタイルを
使い、勝手口ドアも設置した非常に
使いやすそうなキッチン。

勿論、この床にも【床暖房】を設置済み。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 社内検査・お施主様検査:実施!

3日前に行政機関(横浜市)の検査
及び社内における竣工検査を合格。

本日は【お施主様による竣工検査】を
実施しました!

■写真
広くて様々な用途に有効利用できる
「ロフト」スペース。

収納式の階段ではない常設階段を
設け、使い勝手も抜群。
(お子様達も大はしゃぎ!)

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 本体建物:竣工しました①

各種検査を完了し、本日は
最終のクリーニングを実施。

【山手の丘の家】の竣工です!

■写真
 ダイニング・キッチンのショット。
 
 キッチンの袖壁には、アクセントに
 外壁と同様のハンドメイドレンガを
 取付施工。(スポット照明も設置)
 
 ダイニングにはカウンターと共に
 飾り棚・ニッチを設置し遊びを演出。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 本体建物:竣工しました②

キッチン横のスペースには
奥様の【家事コーナー】を配置。

木製サッシと同じ材種の無垢材を
使ったカウンター机と稼動棚。

パソコンも使用出来るようにと
LAN配管もカウンター下に設置済。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 本体建物:竣工しました③

■内部建具(室内ドア・収納折戸)

「北欧パイン」の無垢材を使用した
 ドアを採用。ドアを開けた瞬間、
 やさしい木の香りが漂います。

■床材(床暖房専用:無垢材)
室内ドアと同様にこちらも無垢材。

(自然素材の蜜蝋WAX仕上げの商品)

これが「天然木」の醍醐味そのもの。
人に優しい雰囲気を演出。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 本体建物:竣工しました④

■リビング・階段のショット。

2階への階段はLDKの一部から
上がるプラン設計。

日常生活において、家族団欒の中心
であるリビング・ダイニングから
階段で2階へ上がるという発想。

小さい【お子様】がいらっしゃる
ご家族構成の場合、
おススメの「階段配置」。

この点もお客様のライフスタイルを
提案できる注文住宅の醍醐味。

※来週は待ちに待ったお客様への
 「お引き渡し」!です。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● ガーデン工事:終盤です。

■ガーデン(外構工事)も
 終盤を迎えました。

 リビングから通じるウッドデッキも
 土地の形状に合わせて施工し、本日
 塗装工程を完了。

 駐車スペースは2台分を用意し
 路面にはインターロッキングを
 採用し暖かい雰囲気に。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 外構工事:完成です。

■ガーデン(外構工事)が完成しました。

 建物の竣工と共に外回りの工事も
 完了しました。

 今回の物件では隣地境界にも
 外壁と同じレンガの
 アンティークロードを採用。

 横浜山手の町並みに、またひとつ
 ウエルダンノーブルハウスの家が
 生まれました。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 建物:お引き渡し①

本日は待ちに待ちました「お引き渡し」!

天候にも恵まれた気持ちの良い
青空です。(でも外は凄く寒い・・・。)

電気配線系統類のご説明から始まり、
水廻り関連機器の取り扱い方法や
登記関連、保証書関連のご説明など
一日では覚えきれないほどの
内容の濃い一日です。

最後に「お引渡書」にサインをいただき、
お客様へ建物引渡しが完了しました。

S様、本日はおめでとうございます。
そして、誠に有り難うございました。

▲このページのトップへ戻る

横浜
「山手の丘」の家
● 建物:お引き渡し②

お引渡しも完了し、最後にお施主様と
弊社社員で記念撮影!

これからが本当のお付き合いの
始まりです。
今後とも宜しくお願い致します。

私共、㈱ジューテックがお届けする
ウエルダンノーブルハウスでは、
自社一貫でのメンテナンス工事体制を
ご用意いたしております。

■WELL SUPPORT(ウェルサポート)
お客様の大切な建物を一棟ごとに
カルテを作成し、10年目までは定期的に
点検。さらに10年目以降は構造躯体、
雨漏れを中心として建物内外を総合的に
検診。リフォームやメンテナンスの為の
アドバイスを無料で行っております。

▲このページのトップへ戻る

マドリームに紹介されました
モデルハウスのご案内

北欧住宅のウェルダンノーブルハウスでは、モデルハウスを常設して、お客様をお迎えしております。ご見学のご予約も受付中です。

モデルハウスご見学 お申込み

モデルハウス 詳細

見学会・イベント情報

現地見学会や構造見学会など、北欧住宅や注文住宅をお考えのお客様に向けたイベントを各種企画しております。

最新イベント情報はこちら

スタッフブログ
スタッフブログ
商品ラインナップ

ジェイブリッサ

アーキペラーゴ

ウェルリフォーム

企業情報

ジューテックホールディングス株式会社

ジューテックホーム株式会社

チャレンジ25