住宅の性能指標!外皮平均熱貫流率(UA値)とは???

 

住宅省エネルギー施工技術講習会 CPD認定講習会

 

先日、社内の建築士(設計部門)と共に

国土交通省主催の住宅省エネルギー技術(設計)

講習会へ参加してまいりました。

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e7%9c%81%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%80%80%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%80%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bc%9a-3

む.む.む…予想に反して…分厚い…テキストたち…です。

朝9:30から夕方まで…終日…。

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e7%9c%81%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%80%80%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%80%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bc%9a-1

国土交通省主催の研修と・・・なめておりました…。 

各専門……数値のオンパレードです…。

_______________

熱伝導率 λ(ラムダ)

熱抵抗 R(アール)

熱貫流率 U(ユー)

線熱貫流率 Ψ(プサイ)

日射熱取得率 η(イータ)

温度差係数 H(エイチ)

冷房期の方位係数 νc(ニューシ―)

暖房期の方位係数 νH(ニューエイチ)

窓の冷房期の取得日射量補正係数 fc(エフシー)

窓の暖房期の取得日射量補正係数 fH(エフエイチ)

単位温度当たりの外皮熱損失量 q(キュー)

単位日射強度当たりの冷房期の日射熱取得量 mc(エムシー)

単位日射強度当たりの暖房期の日射熱取得量 mh(エムエイチ)

外皮平均熱貫流率 UA(ユーエー)

平均日射熱取得率 ηAC ηAH

外皮部位の面積合計 ∑A(シグマ・エー)

etc・・・・・

%e4%bd%8f%e5%ae%85%e7%9c%81%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%80%80%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%80%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bc%9a-2

既に、平成25年度から「建物の性能」は「Q値」→「UA 値」に統一され

平成28年度からは各地域の基準数値もより厳しくなりました

 

【参考資料 ジューテックホームの性能一例】

 

このUA値(外皮平均熱貫流率)とは? (クリック)

 

 

一般の方々には…一体、何を言っているか? わかりませんね。

 

これ…簡単に申しますと…住宅の省エネ性能を測る指標のこと。

数値が小さければ小さいほど!断熱性が高く高性能だ!ということです。

(2020年には義務化される省エネ基準のUA値 。)

 

 

これからの「家づくりの際の指標」になるので

ちょっと~比較検討の際には…

覚えておいた方がよい数字のひとつです。

 

 

長ーい講習会の最後の修了試験も……無事合格。(ひと安心)

合格すると・・・ホームページ上にアップされるんですね。

(全く知りませんでした。)

しかし・・・我々の横浜市都筑区の2016年の合格者…意外と少ないのね!(クリック)

 

 

BY WHITE

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
家づくりはデザインと共に「性能」も大事。

 

ハウスオブザイヤー2015 特別優秀賞 受賞 ジューテックホーム

(優れた住宅性能だから~見事!受賞致しました!)