これからは、住宅も“燃費”という考え方。

車で街を走ってますと、

数年前に比べて、本当にハイブリットカーが増えたな~と

思う今日この頃です。

ジューテックホームの社用車も

半数くらいはハイブリット車です。

 

ちなみにですが、

下のグラフは、

2006年と2016年の車の販売台数なのですが、

2006年の自動車販売台数≪ソニー損保HPより≫
2016年の自動車販売台数≪ソニー損保HPより≫

見て頂くと、

ここ10年間で『車のハイブリット化』が進んでいるのが

このグラフをみてもよくわかります。

 

なんで?急速にハイブリット化が進んだのか。
ガソリン価格の推移≪総務省HPより≫

ちょうど、10年くらい前に

ガソリンの価格が高騰した時がありましたよね。

もちろん、技術の進歩もあると思いますが、

あの時に、ユーザーの意識が、

『車本体の価格は少し高くなってもいいから、燃費の良いハイブリット車の方が安心かも!』

という風に変わってきたという事も一因の様です。

 

住宅も“燃費”という考え方。

最近では、住宅でも同じ様な事が言われておりまして、、、

住宅の場合でいうガソリンは、

主に『電気代』『ガス代』『水道代』等のランニングコストの事を指しますが、

例えば、電気料金も

東日本大震災以降、

3割程度UPしています。

電気料金推移≪資源エネルギー庁HPより≫

そういったなかで、

建物自体の『断熱性能』『気密性能』『太陽光等の設備』など仕様をグレードアップして、

建物の“燃費”を良くすることに興味を持たれる方が多くなっております。

もちろん、

太陽光を搭載したり、断熱材や設備機器をグレードアップしたりと

建築費用は数百万円UPしてしまいますが、

例えば・・・一般的な話なので、条件により一律ではないですが、

『一般の住宅』と『省エネ住宅(太陽光搭載)』の年間の光熱費を比較すると

25万円/年程、差が出てくるといわれているそうです。

30年住んだとして

25万円 × 30年 =750万円

結構大きい金額ですよね!

初期投資にお金をかけて、ランニングコストで得をする。

これをどう考えるかは人それぞれですが、

国も省エネ住宅化への政策に力をいれておりますので、

『ZEH』の補助金などを上手く活用すると、

夢のマイホームがお得に建てられるかもしれませんね!

 

そもそも『ZEH(ゼッチ)ってなんですか?

ZEHゼッチとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略でして、

断熱性・省エネ性能を上げ、

さらに太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、

住宅で使うエネルギーと創るエネルギーでプラスマイナス『0(ゼロ)』にしましょう。

という家の事を指します。

条件があえば、補助金を受けることもできます。

 

先程もちょっと書きましたがしましたが、

昨今、温暖化やエネルギー不足の対策などで、

国も省エネ化というものにとても力を入れています。

2020年までに新築の50%以上、

2030年にはすべての新築をZEHにするという目標を国は掲げています。

 

『ZEH(ゼッチ)』の状況。

ZEH住宅を推進するなかで、

住宅会社で2020年までに50%以上をZEHにすると目標を掲げて国に登録された会社を

『ZEHビルダー』とい言います。

2017年はそのZEHビルダーが6,249社いるのですが、

その中でなんと、昨年『7割強』の住宅会社が

ZEHの実績がないというデータがでています。

 

どの会社も、やる気はあるけど・・・

色々と、ハードルが高いのが実情の様です。

 

手前味噌なお話になりますが!

ジューテックホームの住宅は、

太陽光を設置する、間取りをZEH仕様にするなどは必要ですが、

標準仕様で『ZEH』水準の性能を持っておりますし実績もあります。

 

ご興味のある方は是非!

お気軽にお問合せくださいませ!

 

 

BY メ ガ ネ 

おかげ様でハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017「特別優秀賞」と「優秀企業賞」を ダブル受賞いたしました。

 

↓↓↓高気密・高断熱のモデルハウスはこちら!↓↓↓

【アクセス】 ジューテックホームの街かどモデルハウス

ご不明な点等ございましたら、こちらのフリーコールまでお気軽にお問合せください!

フリーダイヤル

 

よろしかったらこちらもどうぞ!

◆アーキペラーゴのブログ (クリック)

◆ウェルリフォームのブログ (クリック)