絶妙なデザインと機能性が奏でる光・風・木のハーモニー

【神奈川県 K様邸】

家づくりの要望・こだわり

「家族の集まるリビング」が、住まいの中でもっとも大切だと感じていたKさん。そこで、リビング・ダイニングに重心をおいた住まいづくりが始まる・・・。

設計・デザインは、住まう人の視点から巧みにその理想像を描き出す建築家の「坂下兼三」氏。立地条件を考え、2階全面のLDKはバルコニーへ繋がる空間のひろがりとともに、ゆったりとした開放感に抱かれている。
アイランドキッチンや広いダイニングテーブル、人が自然に集う光と風を感じる心地いい空間は、まさに「家族を繋ぐ住まい」である。

1階のプライベートな落ち着いた雰囲気から階段を上がると、視界が一気にひろがり、訪れた人に強い印象を与える。ゆったりとした2階のリビングは大きな窓を通して奥行きあるバルコニーへと繋がり、そこは太陽光が降り注ぐ「スカイリビング」。
背の高い壁によって開放感とともにプライバシーへの配慮もなされている。壁面を効果的に利用したOPEN収納、階段のフラットバーのアイアン手摺、勾配天井、高窓、各部屋の天井高に変化をつけたゾーニングなど、アイデアと・・・さりげないセンスが随所に散りばめられて、住まいの上品な装いを感じさせる。
無機的になりがちな白い壁面も、木のやさしい色調やインテリア・照明と相まって温かさに満ちている。そしてデザイン面だけでなく、断熱・遮熱・蓄熱式温水床暖房(2階全面)など、住宅性能にも優れているのが高機能デザイン住宅「ARCHIPELAGO~アーキペラーゴ~」の大きな特徴。一年を通して快適な暮らしをしっかりと支えてくれる。

住まう人を中心とした設計・デザインが成し得る絶妙な住み心地。デザイン・空間レイアウト・機能性―そのすべてが上手く調和した理想の住まいとして仕上げられている。